高齢者教習

高齢者講習について

高齢者講習とは?

高齢者講習とは、満70歳以上の高齢運転者がいつまでも安全運転をしていただくために、運転免許証の更新申請(免許証の失効手続きの際も同様です)の前に受講していただくよう義務付けられた講習です。
視力検査など、各種検査及び、実際に運転を通して認知能力の低下に応じた安全教育を行い、高齢者の運転を支援することを目的としています。
免許証の更新時に、この講習を受けていただかないと、免許証の更新ができませんのでご注意ください。

講習の内容(70歳以上75歳未満の方)

  • 座学講習
  • 視力検査、反応速度等の機材検査に基づく安全運転指導
  • 実車指導(自動車学校のコース内)

などの合計3時間の講習

講習の内容(75歳以上 免許更新の誕生日現在)

  • 講習予備検査〜運転に必要な記憶力、判断力などの簡易検査[30分]
  • 高齢者講習〜座学講習、視力検査等の機材検査に基づく安全運転指導、
    [2時間30分]実車講習(自動車学校のコース内)

申込み時に必要なもの

●受講通知書(高齢者講習お知らせハガキ)
●運転免許証
●眼鏡等(必要な方・視力に自信のない方)

●筆記用具

●運転出来る服装(二輪車の方はヘルメット・手袋等)

●講習手数料
 (75歳未満:5,600円、小型特殊のみは2,250円 )
 (75歳以上:5,850円、小型特殊のみは2,900円 )

ページのトップへ